様々な仕事がある人材派遣と仕事が出来ない種類とはなにか

人材派遣

常用派遣って何?

人材派遣会社に登録をして就業をしていると、同じ派遣先での就業期間に上限があり、それに引っかかってその派遣先を辞めなければいけなくなります。最長契約期間というものがあり、大抵の場合は3年間です。3年を超える契約は出来ない、とされています。これは3年以上派遣先で仕事をしているのであれば、正社員にしましょうという派遣労働者のことを考えての決まりごとだそうです。
しかし派遣で仕事を続けたいという人もいますし、正社員になると他の企業で仕事が出来なくなってしまう、苦情など伝えたいのに仲介をしてくれる人がいなくなってしまう、などのデメリットも生じてしまいます。3年が経過をした時点で常用派遣に切り替えることが出来る派遣会社があります。この常用派遣は派遣会社の社員になる、という感覚です。
派遣先で仕事をするのですが、派遣先の仕事がなくなった時点で休職状態になります。その休職状態に入った時点で給与の何割かが派遣会社から支給されます。常用派遣になったほうが仕事をしていなくてもある程度の収入を得ることが出来る、と言うメリットはあります。しかし依頼された新しい派遣先や仕事を断ることが出来なくなる、というデメリットはあります。長く同じ企業で仕事を続けたいのであれば、常用派遣への切り替えが可能な派遣会社を選ぶとよいかもしれません。